🐳

【Docker】CentOS6 + php5.6 + xDebug + VSCodeの開発環境を作る

古い社内ツールをDockerを使い、CentOS6 + php5.6 + xDebug + VSCodeでローカル開発環境をつくってみた時のメモです。

Dockerfileを作成

Dockerfile
# どのイメージを基本にするか
FROM centos:6

# 鍵
RUN rpm --import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

# system update
RUN yum -y update && yum clean all
RUN yum -y install epel-release
RUN yum -y --disablerepo=epel install expect httpd-devel mod_ssl php-devel php-pear mariadb-server php-mbstring php-xml php-gd php-mysql || exit 1

# remi repo
RUN yum install -y http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm && \
    yum clean all

# php install
RUN yum install --enablerepo=remi-php56 -y php php-devel php-gd php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd php-pear php-xml php-opcache && \
    yum clean all

# ADD
ADD php.ini /etc/php.ini
ADD httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf

# xdebug install
RUN yum install -y gcc \
  && pecl install xdebug-2.5.5

# port
EXPOSE 3000

# runした時にapache起動
CMD ["httpd", "-D", "FOREGROUND"]

上記記述でApache、PHP、xDebugなど必要なものをインストールすることができます。

Apacheの設定ファイルを作成

httpd.conf
Listen 3000 # Dockerfileで指定したポート番号に変更する
DocumentRoot "/var/www/html" # Dockerfileで指定したルートディレクトリ

httpd.confファイルは記述が長いので割愛しますが、上記部分を確認しましょう。 ファイル自体は一度Dockerコンテナを起動させてコンテナ内のhttpd.confをコピーするのが良いかと思います。

PHPの設定ファイルを作成

php.ini
extension_dir = "/usr/lib64/php/modules"

[mbstring]
mbstring.internal_encoding = "UTF-8"
mbstring.language = "Japanese"

[zend debugger]
zend_extension=/usr/lib64/php/modules/xdebug.so

[xdebug]
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_handler=dbgp
xdebug.remote_autostart=1
xdebug.remote_connect_back=0
xdebug.remote_host="host.docker.internal"
xdebug.remote_log=/tmp/xdebug.log

log_errors = On
error_log = /var/www/html/php_error.log
error_reporting = E_ALL

phpとxDebugの設定を加えています。 こちらも一度Dockerコンテナを立ち上げてファイルをコピーしてくると良いかと思います。

VSCodeの設定

launch.json
{
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        {
            "name": "Listen for XDebug",
            "type": "php",
            "request": "launch",
            "port": 9000,
            "pathMappings": {
                "/var/www/html":"${workspaceRoot}/docker/html"
            }
        }
    ]
}

pathMappingsでローカルのルートディレクトリパスを設定しましょう。 私はxDebugのデバッグが上手くいかずに大苦戦しました。 ひとまずこれでDockerを使ってVSCodeでデバッグしながら開発することができました。 Docker難しい!

零細経営6年目|Web・アプリ開発(React Native + Expo + Firebase)|Youtube|米国株投資|ピアノ