🐳

【Docker】CentOS6 + php5.6 + MySQL5.5 + xDebug + VSCodeの開発環境を作る

今回は下記の前回の記事にMySQL加えてみた環境になります。

前回の記事:

今回はMySQLを加えるためにdocker-compose.ymlを使って、CentOS + PHPコンテナとMySQLコンテナを分けてみました。

docker-compose.ymlを作成

docker-compose.yml
version: '2'
services:
  mysql:
    build: ./mysql
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: pass
      MYSQL_DATABASE: test_database
      MYSQL_USER: root
      MYSQL_PASSWORD: pass
    ports:
      - '3306:3306'
    volumes:
      - db:/var/lib/mysql
  php:
    build: ./php
    ports:
      - '3000:3000'
    volumes:
      - ./html:/var/www/html
    depends_on:
      - mysql
volumes:
  db:

上記記述でMySQL用のDockerfileと、PHP用のDockerfileを別々に処理させることができます。

MySQL用のDockerfileを作成

dockerfile
FROM mysql:5.5
COPY ./my.cnf /etc/mysql/conf.d/  
#hostのmy.cnfファイルを使って、コンテンの中の/etc/mysl/conf.dにコピーしていきます

上記ではMySQL5.5をインストールしていますが、各自の都合に合わせて変更してください。 次にmy.cnfが必要です。

MySQL用のmy.cnfを作成

my.cnf
[mysqld]  
character-set-server=utf8

ここでは文字コードを指定しています。 ひとまずこれだけです。 次にPHPファイルになります。

PHPの設定ファイルを作成

dockerfile
# どのイメージを基にするか
FROM centos:6

RUN rpm --import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

# system update
RUN yum -y update && yum clean all
RUN yum -y install epel-release
RUN yum -y --disablerepo=epel install expect httpd-devel mod_ssl php-devel php-pear mariadb-server php-mbstring php-xml php-gd php-mysql || exit 1

# remi repo
RUN yum install -y http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm && \
    yum clean all

# php install
RUN yum install --enablerepo=remi-php56 -y php php-devel php-gd php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd php-pear php-xml php-opcache && \
    yum clean all

# ADD
ADD php.ini /etc/php.ini
ADD httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf

# xdebug install
RUN yum install -y gcc \
  && pecl install xdebug-2.5.5

# port
EXPOSE 3000

# runした時にapache起動
CMD ["httpd", "-D", "FOREGROUND"]

次にApacheとPHPの設定ファイルが必要です。

Apacheの設定ファイルを作成

httpd.conf
Listen 3000 # Dockerfileで指定したポート番号に変更する
DocumentRoot "/var/www/html" # Dockerfileで指定したルートディレクトリ

PHPの設定ファイルを作成

php.ini
extension_dir = "/usr/lib64/php/modules"

[mbstring]
mbstring.internal_encoding = "UTF-8"
mbstring.language = "Japanese"

[zend debugger]
zend_extension=/usr/lib64/php/modules/xdebug.so

[xdebug]
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_handler=dbgp
xdebug.remote_autostart=1
xdebug.remote_connect_back=0
xdebug.remote_host="host.docker.internal"
xdebug.remote_log=/tmp/xdebug.log

log_errors = On
error_log = /var/www/html/php_error.log
error_reporting = E_ALL

phpとxDebugの設定を加えています。 こちらも一度Dockerコンテナを立ち上げてファイルをコピーしてくると良いかと思います。

VSCodeの設定

launch.json
{
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        {
            "name": "Listen for XDebug",
            "type": "php",
            "request": "launch",
            "port": 9000,
            "pathMappings": {
                "/var/www/html":"${workspaceRoot}/docker/html"
            }
        }
    ]
}

Dockerイメージをビルドする際のコマンドは docker-compose up -d でOKです。 これでdocker-compose.ymlを元にビルドでき、完了後にはコンテナが2つ起動することになります。

Macをお使いの方はSequel ProなどでMySQLコンテナに接続する事が可能です。 この際の接続ホストは 127.0.0.1 にしましょう。

当初はDockerfileとdocker-composeってなに…?色々な方法があってややこしい。。と思っていた私ですが、ようやくdocker-composeの便利さを理解してきました。 Docker環境を構築するまでは大変ですが、慣れてくるとやっぱりDockerって便利だな〜と改めて思いました。

零細経営6年目|Web・アプリ開発(React Native + Expo + Firebase)|Youtube|米国株投資|ピアノ